MiG-29(ミグ29)。ロシアの伝説的なMiG-29戦闘機!


MiG-29ジェット戦闘機について!MiG-29航空機

ソ連の空軍によるMiG-29航空機の大規模な利用は、1984年に開始されました。MiG-29航空機の主な目的は、自動車化歩兵と突撃歩兵のために航空支援を提供することでした。

利用時に、MiG-29は、以下の国際紛争に戦闘任務を実行していました:MiG-29がソ連によってアフガニスタン戦争に使用された、ペルシャ湾岸戦争時にMiG-29がイラク空軍に入った、MiG-29がトランスニストリア紛争にモルドバの側から使用された、エチオピア・エリトリア戦争にエリトリア空軍に入った、MiG-29がユーゴスラビア紛争にユーゴスラビア連邦共和国に使用された、カルギル戦争にインド側にMiG-29が爆撃機の護衛のために使用された、ロシアの空軍のMiG-29が南オセチア紛争の領土にエアスペースを制御した、MiG-29がダルフール紛争にスーダン空軍によって使用された、シリア内戦にMiG-29が強襲としてシリア空軍で使用されました。

作成日から現時点までのMiG 29のモディフィケーションの膨大数は、航空機の能力を高めるためにリリースされた、MiG 29 航空機がソ連(後にロシア)の空軍によって使用されて、以下の他の多くの国に輸出されました:アゼルバイジャン、アルジェリア、バングラデシュ、ベラルーシ、ブルガリア、ベトナム、イスラエル、インド、イラン、イエメン、カザフスタン、北朝鮮、キューバ、ミャンマー、ペルー、ポーランド、シリア、セルビア、スロバキア、スーダン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ウクライナ、スリランカ、エリトリア、マレーシア。

View the embedded image gallery online at:
http://fly-mig29.com/jp/mig29.html#sigProGalleriac4ad02dea7

MIG-29 の技術的特徴:

モディフィケーションに応じて1~2名の乗員;

全長は17.32 m

翼長は11.36 m

全高は4.73 m

翼面積は38.06 m2

翼スイープ角は42度;

MIG-29の重量(備砲と燃料なし)は10900 kg

通常離陸重量は15180 kg

MIG-29 のエンジン特性:

後燃えターボファン(Klimov RD-33MKモデル);

MIG-29の発動機の最大推力は2 × 5040 KGF(後燃えに2 × 8300 KGF);

推力偏向がRD-133のあるMiG-BTMiG-35というモディフィケーションで可能である;

推力ベクトルの偏向角:任意の方向に±15°

飛行中にエンジンを始動する可能性;

5人の航空整備士でエンジンを解体するための時間は1時間;

MIG-29 のレーダー:

10までの空中目標を追跡し、それらの最も危険を攻撃する ことができる

MIG-29と目標の速度の最小差は、150 km/h

2302500 km/hの攻撃速度;

3023000 mの攻撃の高さ;

3000m以上の高度に目標検出範囲は5070 km

ヘリコプター(180 km/hを超える速度)の検出範囲はMSAS23 kmPPP17 km

MiG-29 飛行特性:

最高速度:

地上:1500 km/h1,26音速);

高度:2450 km/h2,3音速);

巡航速度:850 km/h0,8音速);

飛行範囲:

燃料満タンのある場合は1430 km;

2つの外部燃料タンクのある場合は2100 km;

フライト時間は2.5時間まで;

実用上昇限度は18000 m

最大動作オーバーロードは9G

MiG-29の備砲:

150砲弾のある30 mmGSh-30-1航空機関砲

最大備砲重量は2180kg

7つの備砲のハードポイントがある

View the embedded image gallery online at:
http://fly-mig29.com/jp/mig29.html#sigProGalleria6df9d405e7

メニュー:

  1. 当社について
  2. MiG-29ジェット戦闘機について

連絡先: